{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

Liscio Card Case

リスシオ 名刺入れ by NIBUR(ニブール)
リスシオ 名刺入れ by NIBUR(ニブール)
リスシオ 名刺入れ by NIBUR(ニブール)

デザイン性を象徴する、日本伝統の「七宝文様」。
ビジネスシーンに広がりゆく、新たなるご縁を。

人の生活と心を豊かにする、機能性と情緒性の両立を追求しているブランド『NIBUR』の名刺入れ。
デザイナー・田中智之が、日本の伝統文様「七宝文様」をモチーフにした
“ご縁が広がる名刺入れ”を、伝統的な手縫いの技法を用いて製作。
シンボリックにデザインされた円形の妙が、開いたときの楽しさを演出するとともに、
ビジネスシーンへの新たな広がりを感じさせてくれる。
Design Detail

馬具製作に由来する伝統的な手縫い技法「クゥジュセリエ」を駆使した、芸術的な縫製。

世界的な高級ブランドなどの技術が高い職人だけが成せる、伝統的な手縫いの技法「クゥジュセリエ(サドルステッチ)」。1本の糸の両端にそれぞれ針を付けて、1針ごとに糸を交差させながら革を縫い進めることで、ステッチのほつれが少なく、1ミリピッチでステッチが揃う芸術的なハンドステッチの技法です。ミシン縫いとは異なり、ひと縫いするたびに互いの糸を交差させているので、仮に糸が擦り切れたとしても連鎖的にほつれることはありません。

デザインの印象を引き締める、マットブラックのコバ仕上げ。

『NIBUR』の本磨きコバは、着色後に入念な手磨きで通常の商品レベルになるまで整えて仕上げてから、顔料のコバ塗り剤を盛った二重仕上げを施しています。二重仕上げを施すことにより、耐久性をさらに高められるため、『NIBUR』のすべての商品には、このコバ仕上げを徹底しています。また、商品により形状も条件も異なるため、顔料の盛り加減を計算して変えています。

日本の伝統文様「七宝文様」をモチーフに、デザインした内装。

“ご縁が広がる名刺入れ”をコンセプトに、日本伝統の「七宝文様」を内装の象徴的なデザインとして採用。円形が連鎖して繋がるこの文様は、人と人とのご縁や円満などの願いが込められた縁起の良い文様と言われています。1/4サイズの円を2つずつ並べることで、スムーズな出し入れができるサブポケットの機能を装備。また、日本建築に多く見られる大和比(1:√2)のバランスも、デザインに取り入れています。

Material

古代のタンニン鞣し製法を再現して生まれた、究極の革「Minerva Liscio(ミネルバ・リスシオ)」。

イタリア・フィレンツェのバダラッシカルロ社(Badalassi Carlo Srl)が、1000年以上の歴史を有する古代のタンニン鞣し製法であるバケッタ製法を蘇らせて生まれた「ミネルバ・リスシオ」。牛脂を含んだオイルを革の内部にまで浸透させて、留まるまでゆっくりと丁寧に時間をかけて染み込ませることで、素材を商品化させて使用を終えるまで永久と言えるくらいに潤いとツヤを楽しむことができる究極の革です。また、素材自体から発するオイルで、ケアしながらエイジングもできます。ワイルドな風合いでありながら、肌触りが良くてハリがあり、銀面の透明感と温かみを兼ね備えた魅力的な素材です。

  • 商品詳細
  • 製品ガイド
サイズ 幅112 × 高さ75 × 厚さ17(mm)
重さ 47 g
素材 ミネルバ・リスシオ(イタリアンスムースレザー)
仕様 メインポケット × 1、サブポケット × 2
生産 日本製/田中智之
納期 ご注文後からの製作となりますので、発送までに30~45日程度お時間をいただいております。
  • ■ ご理解いただいた上で、ご注文をお願いいたします。
  • - シワ・トラ、キズ・古傷痕のような黒点模様・シボの付き具合など、天然の表情は、個体や部位によって異なる一枚一枚の革固有のものです。唯一無二としてご愛用いただければ幸いです。
  • - 染色や加工を施した商品のため、摩擦や水ぬれ、長時間の接触などによって色落ち・色移りします。
  • - 水に濡れると色落ちやシミ、形崩れの原因になることがございます。
  • - 価格・仕様等については、予告なく変更する場合がございます。
  • - お客様の閲覧環境によって、実際の色味とは多少異なることがあります。

リスシオ 名刺入れ

商品番号 NBR-CC02-L
¥ 12,100 税込

NIBUR(ニブール)

人の生活と心を豊かにする、機能と情緒を。

学生時代に1つの財布に魅了され、15年間も独学で革財布を作り続け、
現在は講師も務めるデザイナー・田中智之による財布ブランド『NIBUR(ニブール)』。
人に生活の豊かさをもたらす「機能性」と、人に心の豊かさをもたらす「情緒性」の両立を追求。
エドガー・ルビン考案の反転図形「ルビン(RUBIN)の壺」は、壺と顔が同時に見えないが、
「RUBIN」を反転させた『NIBUR』をブランド名にすることで、
機能と情緒が同時に備わって、人の生活と心を豊かにしていきたい願いを込めている。
gototop