{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

Card Holder(sword)

名刺入れ(ソード)by camonde(カモンド)
名刺入れ(ソード)by camonde(カモンド)

奥深く神秘的な、日本の伝統文化と美意識への憧れ。
漆黒レザーに貫かれた、金箔の日本刀の潔さを。

パリのコレクションブランドで働いていた林運了が、日本の文化や美意識を
感じてもらうために立ち上げた革製品ブランド『camonde』の名刺入れ(ソード)。
“ブラックダイヤモンドレザー”と称される「姫路黒桟革」の漆黒の光沢を斬り裂くように、
金箔で曲線を描き日本刀や潔さを表現。日本の神秘的な美しさをまとった極上のアイテムが、
大人の男のビジネスシーンを優雅な色気で包み込んでくれる。
Design Detail

独特の美しさと奥深い光沢を放つ、牛革の漆黒レザー。

外装には、日本の革産業を支える姫路の坂本商店が生み出している漆黒レザー「姫路黒桟革」を採用。表面のシボに漆が施された趣のある表情とは異なり、とても柔らかく肌触りが良い素材で、“ブラックダイヤモンドレザー”と称されているように、他にはない独特の光沢や深みのある色合いが魅力です。戦国時代から伝わる日本の伝統技法を駆使しており、日本で生まれた黒毛和牛の原皮を使って、姫路の伝統的な鞣し技法“白鞣し”で仕上げた革に、手もみしてできたシボの突起部分のみに本漆を何度も塗り込み、漆を染み込ませながら革と融合させるので耐久性がある優れた強度の革が生まれます。そして、金沢の箔職人が、赤みのある純金箔(24K/純度99.99%)を使用し、独自の技術による手作業にて、日本刀や潔さをモチーフにした斬り痕のような曲線を漆黒の革上で表現しています。

ジャガード×カーフの、高級感。

エレガントなジャガード生地と、しなやかできめ細かいカーフとの相乗効果により、高品位な上質感を創出。ジャガード生地は、日本の繊維織物の名産地と称される北陸地方のものを厳選し、丹精を込めて織り上げた表情が見る角度によって風合いが変わり独特の存在感を演出する、大人の男に相応しい品格のある素材です。また、カーフは、北海道の原皮を姫路のタンナーで丹念に鞣し、一定の堅牢さを保ちながら最適な柔らかさも併せ持つ、上質で確かな素材をセレクト。財布を開いた際に日本伝統の文化や美意識が感じられる、外装にも引けを取らない粋な表情が魅力です。

東京下町の熟練職人の手から生まれる、安心感。

ひとつひとつの財布に魂が込もると言われている、実績豊富な熟練の職人の手による作り。これは、精度が高い作りというだけではなく、長年培ってきた職人の手先に宿る独特の手グセなどが、見えない魅力を引き出してくれているからでしょう。縫製をする際のステッチラインや、その糸を張る強さは、職人の手に掛かれば不思議と耐久性が上がり、長きに渡って愛用できる安心感が生まれます。さらに、内側に巻き込む漆黒レザーは、キレイにヘリ返され、熱ゴテで丁寧に整えられるとともに、カブセの角は、正確無比な菊寄せが成され、高い完成度に仕上がっています。また、カード段のネン入れも、洗練されたデザインを高める要素になっており、笹マチのスマートな名入れになっています。

Kanazawa Gold Leaf

日本の金箔生産量の98%以上を占める、石川県金沢市。金箔は、金閣寺や日光東照宮など歴史的価値の高い寺社仏閣をはじめ、陶器·磁器などさまざまな工芸品にも使われています。初代加賀藩主·前田利家公の時代から受け継がれてきた36種の伝統工芸の技の中でも、金箔が金沢で発展してきたのは、藩の文化奨励策で能や茶などが盛んに行われ伝統工芸が発展したことや、気候や風土、そして北陸という地で育まれてきた忍耐強い“職人気質”が要因であると言われています。

本製品の金加工は、漆でコーティングしているので簡単には剥がれませんが、硬いものとの接触や強い摩擦等で剥がれる恐れもあるため、取り扱いには十分にご注意ください。持ち歩く際には、パンツの後ろポケット等には入れず、バッグやジャケットの内ポケットなどに入れて、使用していただくことをお薦めしています。その様に持ち歩いていただくことで、押しつぶされずに金箔部分との接触·摩擦が少なくなるので、長きに渡ってご愛用いただけます。

Material

独特の美しさと奥深い光沢を放つ、牛革の漆黒レザー「姫路黒桟革」。

日本の革産業を支える姫路の坂本商店が生み出している漆黒レザー「姫路黒桟革」。表面のシボに漆が施された趣のある表情とは異なり、とても柔らかく肌触りが良い素材で、“ブラックダイヤモンドレザー”と称されているように、他にはない独特の光沢や深みのある色合いが魅力です。戦国時代から伝わる日本の伝統技法を駆使しており、日本で生まれた黒毛和牛の原皮を使って、姫路の伝統的な鞣し技法“白鞣し”で仕上げた革に、手もみしてできたシボの突起部分のみに本漆を何度も塗り込み、漆を染み込ませながら革と融合させるので耐久性がある優れた強度の革が生まれます。そして、金沢の箔職人が、赤みのある純金箔(24K/純度99.99%)を使用し、独自の技術による手作業にて、日本刀や潔さをモチーフにした斬り痕のような曲線を漆黒の革上で表現しています。

Material

ジャガード×カーフの、高級感。

エレガントなジャガード生地と、しなやかできめ細かいカーフとの相乗効果により、高品位な上質感を創出。ジャガード生地は、日本の繊維織物の名産地と称される北陸地方のものを厳選し、丹精を込めて織り上げた表情が見る角度によって風合いが変わり独特の存在感を演出する、大人の男に相応しい品格のある素材です。また、カーフは、北海道の原皮を姫路のタンナーで丹念に鞣し、一定の堅牢さを保ちながら最適な柔らかさも併せ持つ、上質で確かな素材をセレクト。財布を開いた際に日本伝統の文化や美意識が感じられる、外装にも引けを取らない粋な表情が魅力です。

  • 商品詳細
  • 製品ガイド
サイズ 幅110 × 高さ73 × 厚さ10 (mm)
重さ 45 g
素材 外装:国産牛革(黒漆レザー/坂本商店・姫路黒桟革)/ 純金箔(金沢産)
内装:国産牛革(カーフ/北海道原皮・姫路タンナー鞣し)/ ジャガード生地(北陸産)
仕様 メインポケット × 1、サブポケット(メインポケット上部) × 1、サブポケット(カブセ裏) × 1
生産 日本製
  • ■ ご理解いただいた上で、ご注文をお願いいたします。
  • - シワ・トラ、キズ・古傷痕のような黒点模様・シボの付き具合など、天然の表情は、個体や部位によって異なる一枚一枚の革固有のものです。唯一無二としてご愛用いただければ幸いです。
  • - 染色や加工を施した商品のため、摩擦や水ぬれ、長時間の接触などによって色落ち・色移りします。
  • - 水に濡れると色落ちやシミ、形崩れの原因になることがございます。
  • - 価格・仕様等については、予告なく変更する場合がございます。
  • - お客様の閲覧環境によって、実際の色味とは多少異なることがあります。

名刺入れ(ソード)

商品番号 W41UR901
¥ 38,500 税込

camonde(カモンド)

日本の文化や美意識を、新たな創造へ。

東京とパリでファッションデザイン・パターン・クチュールの技術を学び、
6年間パリのコレクションブランドで働いた経歴がある林運了による
2014年創設のブランド『camonde(カモンド)』。日本の卓越した伝統技術をリスペクトし、
日本の文化や美意識を感じられるクリエイティブな発想で、新たな革製品を創造。
日本の伝統や精神を感じ、より豊かで、歓びや感動のある生活を過ごしてもらうために。
人生により長く寄り添い、人の心をより豊かにしていくために。
gototop