{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

Brillante x Lizard Wallet

ブリランテ x リザード 二つ折り財布 by Crevaleathco(クレバレスコ)
ブリランテ x リザード 二つ折り財布 by Crevaleathco(クレバレスコ)
ブリランテ x リザード 二つ折り財布 by Crevaleathco(クレバレスコ)

普遍的なフォルムに輝く、魅惑的なトカゲ革。
主張し過ぎない競演が、上質な洗練さを生む。

イタリアンスムースレザー「ブリランテ」をまとったオールマイティな形状に、
上品に組み合わせられたトカゲ革「リザード」のアクセントが美しい二つ折り財布。
洗練された内装へと導く2つの素材の競演は、「リザード」が
程よいポイントにバランス良くあしらわれ、デザイン性をさらなる高みへ。
高級感と上質感に満ちた味わい深い佇まいが、デイリーユースの楽しさまでも高めてくれる。
Crevaleathco(クレバレスコ)の	ブリランテ x リザード 二つ折り財布
Design Detail

エキゾチックなポイントが、総手縫いにより至高の意匠へ。高級感の魅せ方が秀逸な、MLS特注の二つ折り財布。

世界中のレザーアイテムに精通した『Mens Leather Store』が、ビスポークで手縫いの革製品を展開してのいるブランド『Clevaleathco』に、選りすぐりの高級素材や優れた実用性、普遍的で美しいデザイン性のすべてを兼ね備えた革製品を特別にオーダーして誕生した二つ折り財布。『Clevaleathco』の革職人・西森による匠の技を駆使し、細部に至るまで緻密で丁寧な総手縫いで一点一点仕上げています。内装のカード段最前面と小銭入れのカブセに、アクセントとして「リザード」を貼り合わせて、独自のデザインを追求。主張し過ぎない上品な高級感と、落ち着きのある洗練された佇まいが、奥ゆかしい個性を創り出しています。

スムースレザー「ブリランテ」と纏った二つ折り財布

本体ベースは、イタリア牛のショルダー革に植物タンニン鞣しを施したスムースレザー「ブリランテ」。使い込むほどに光沢感が増していく高級素材で、適度なハリとコシを併せ持ち、エレガントで上品な印象が魅力。色の大幅な経年変化を生まないため、ドレッシーで落ち着きのある表情を長きに渡り維持。

リザードを使用した二つ折り財布

小銭入れのカブセには、品位と風格に満ちたトカゲ革「リザード」を使用。また、シームレス加工でホックを丁寧に覆い、自然に調和。発色の良さと独特の立体感が、細かい輪のような鱗模様を際立たせ、唯一無二の高級感を演出。

クレバレスコの金箔押し

カード段最前面の「リザード」には、『Crevaleathco』金箔押しロゴが中央下部に施され、MADE IN JAPANの高品質を保証。

クレバレスコ / マットブラックのコバ

コバは、マットブラックを採用。プロダクト内で額縁効果を生み出し、引き締まった印象とエレガントな表情を演出。異なる革の部位や厚みを考慮し、使用特性に合わせた美しいコバの仕上げを施している。また、手縫いのステッチは、細かいピッチ幅での八の字縫いを行い、実用面で堅牢な安心感とともに緻密なハイクオリティによる優越感を創出。

ブリランテ x リザード 二つ折り財布

流れるようなハーモニーを奏でる、心地よい「リザード」のあしらい。

『Crevaleathco』では、単に高級素材を組み合わせるだけでなく、より美しいコラボレーションを追求。それは、飽きずに長く安心して使用できるスムースレザーと、主張し過ぎない高級なエキゾチックレザーによる心地よい調和や、旋律のように細かく丁寧なステッチラインの美しいリズムにより実現しています。この二つ折り財布では、内装にトカゲ革「リザード」を使用して、開いた時に流れるようなカーブを描くカットを施すことで、気持ちの良いハーモニーを奏でています。そして、本体色と相性の良いカラーの秀逸な組み合わせ方が、『Crevaleathco』ならではの真骨頂と言えます。

オールハンドステッチ(総手縫い)で仕立てたクレバレスコの二つ折り財布

美しさと強さを併せ持つ、一目一目に技と存在感を宿した、オールハンドステッチ。

『Crevaleathco』では、すべてのアイテムにミシンなどの機械を一切使用せず、オールハンドステッチ(総手縫い)を採用。手間のかかる手縫いステッチをあえて選ぶのには、ミシン縫いでは表現できない様々なメリットがあるからです。一目一目刻んだように引き締まった糸が、表皮に美しい凹凸と陰影を生み出し、規則的で重厚感のあるリズムでステッチラインを演出。また、八の字縫いという2本の糸が交差する縫い方をしており、長期間使用して部分的な擦れなどでステッチが切れた場合でも一目一目が内部でしっかり絡み合っているため、ほつれにくくなっています。さらに、均一な力で縫い合わすミシン縫いと違い、アイテムごとに異なる革の部位や厚みなどを考慮して、職人の感覚で糸を締め付ける力を最適になるように変えることも可能。その上、蜜蝋をしっかり塗り込んだ糸を使用することで、糸同士が滑りにくく摩擦が生まれ、柔軟性を保ちながら堅牢な状態を維持できます。

Material

キメが細かく、エレガントな表情が魅力の、イタリア産「Brillante(ブリランテ)」。

イタリアのトスカーナ州カステルフランコディ・ソットのタンナー『cuoificio M.P.G社』よりオリジナルセレクトしています。鞣しに適している気候風土と、近くに流れるアルノ川の最適な水質により生まれる上質な皮革を、樹木から抽出する植物タンニンで、トスカーナ伝統の「バケッタ製法」で鞣されています。職人が1枚1枚手作業で、時間をかけながらじっくりとイタリアの色彩センスで染色を施しています。『cuoificio M.P.G社』は、先鋭的なファッションブランド供給で有名です。滑らかな表面で上品な印象を与える、イタリア産植物タンニン鞣し牛革「ブリランテ」は、牛のショルダー部位が使用されています。非常に滑らかで適度なハリとコシがあり、化学薬品を使わないので脂が浸透しにくく、仕上がった革は繊維の奥底までオイルが染み込んでいるため、加脂したオイルが抜けにくい特長があります。使い込むほどに表面に自然な輝きが増していきつつも、良い意味で無理な色幅の経年変化が出ないため、上品な財布などの表地に適した最高素材です。ドレッシーな印象のまま長く使い続けたい方に最適です。

Material

独特の模様と鮮やかな発色が魅力で、軽くて丈夫なトカゲ革「Lizard(リザード)」。

高級皮革に位置付けられ、品質の高さでも知られている東南アジア産のトカゲ革「リザード」。リング形状の鱗が整然と並んでいる模様が特長的で、その洗練された細かい鱗模様が魅力的であることから人気のある素材です。丁寧にクロム鞣しを施すことで、デザインのアクセントとしても効果的な演出ができる、深みのある鮮やかな色合いを実現。模様が細かいのでキズが目立ちにくく、軽量でありながら丈夫なのも魅力です。

「リザード」は、個々のトカゲや、背側・腹側などの部位によって、鱗の模様が異なります。また、色合いに関しても、染色が行われた時期の温度や、仕入れをするタイミングによって変動します。この観点から、本ページの「リザード」の画像は、あくまでも参考用のイメージです。なお、鱗の模様などは選べませんので、あらかじめご了承ください。

  • 商品詳細
  • 製品ガイド
サイズ 幅110 × 高さ100 × 厚さ30(mm)
重さ 98 g
素材 ブリランテ(イタリア産植物タンニン鞣し牛革)
リザード(東南アジア産クロム鞣しトカゲ革)
縫製 手縫い
仕様 札入れ × 1、カードポケット × 4、小銭入れ × 1、マルチポケット × 2
生産 日本製 / 西森 裕矢(受注生産)
  • ■ ご理解いただいた上で、ご注文をお願いいたします。
  • - リザードの鱗(うろこ)の形状・大きさは個体差があり、写真と同じものではございません。ご購入時にお選びいただくことはできませんので、予めご了承ください。
  • - シワ・トラ、キズ・古傷痕のような黒点模様・シボの付き具合など、天然の表情は、個体や部位によって異なる一枚一枚の革固有のものです。唯一無二としてご愛用いただければ幸いです。
  • - 染色や加工を施した商品のため、摩擦や水ぬれ、長時間の接触などによって色落ち・色移りします。
  • - 水に濡れると色落ちやシミ、形崩れの原因になることがございます。
  • - 価格・仕様等については、予告なく変更する場合がございます。
  • - お客様の閲覧環境によって、実際の色味とは多少異なることがあります。

ブリランテ x リザード 二つ折り財布

商品番号 CL-BL-W-01
¥ 67,100 税込
納期について:ご注文後からの製作となりますので、発送までに80~140日程度お時間をいただいております。

Crevaleathco(クレバレスコ)

今あるモノに、想像を超える革新を。

「Craft(手作り)」「Renovation(刷新)」「Leather(皮革)」
「Communication(共感)」をコンセプトに、素材と色彩の魔術師とも言われる
革職人・西森の技術を存分に駆使したブランド『Crevaleathco(クレバレスコ)』。
全く新しいモノを作り出すのではなく、独自の手作りと刷新で、
今ある既存のモノをより使いやすく、より格好良いモノへ。
レザーでコミュニケーションを図り、量産品や機械では決して実現できない
妥協なきハイクオリティを作り出していくために。
gototop