{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
2Way スマホポシェット by BALZO(バルゾ)
2Way スマホポシェット by BALZO(バルゾ)
2Way スマホポシェット by BALZO(バルゾ)
商品番号 BZ_BMB-18003

2Way スマホポシェット

¥ 22,000 税込
獲得ポイント: 200 ポイント (円相当) ※会員のみ
  • スペック
  • 注意事項
サイズ 横11.5 × 縦19 × マチ1.5、ショルダー長さ:〜74(全周158)(cm)
※付属している革でストラップ長さの調整
重さ 205 g
素材 ミネルバボックス・バダラッシカルロ社(イタリア)
ブッテーロ・ワルピエ社(イタリア)
内装:レーヨン(抗菌防臭加工)
仕様 外装:ファスナーポケット × 1
カードポケット × 1

内装:小分けポケット × 1
カードポケット × 2
生産 日本製
  • ■ ご理解いただいた上で、ご注文をお願いいたします。
  • - 天然革ならではのシワ・トラ、キズ・古傷痕のような黒点模様、シボの付き具合など、個体や部位によって異なる革特有のものですので、唯一無二の魅力として堪能してください。
  • - 染色や加工を施している商品のため、摩擦や水ぬれ、長時間の接触などによって、色落ち・色移りしますので、あらかじめご了承ください。
  • - 水に濡れると、色落ち・シミ・形崩れの原因になることがございます。
  • - 商品の画像は、できるだけ商品に近いカラーで掲載をしていますが、お客さまの閲覧環境により、実際の色味とは多少異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • - サイズ・重さは、実際に計測した数値になりますが、素材等の個体差によりサイズのばらつきが若干ありますので、あくまでも目安として捉えてください。
  • - 価格・仕様等については、予告なく変更する場合がございます。
納期について:発送までに3~10日程度お時間をいただいております。
Color

在庫がございます。

残りわずかです。

ただいま在庫がございません。

Material

古代のタンニン鞣し製法を再現して生まれた、風合い豊かな究極のシボ革「Minerva Box(ミネルバ・ボックス)」。

イタリア・フィレンツェのバダラッシカルロ社(Badalassi Carlo Srl)が、1000年以上の歴史を有する古代のタンニン鞣し製法であるバケッタ製法を蘇らせて生まれた「ミネルバ・ボックス」。牛脂を含んだオイルを革の内部にまで浸透させて、留まるまでゆっくりと丁寧に時間をかけて染み込ませることで、素材を商品化させて使用を終えるまで永久と言えるくらいに潤いとツヤを楽しむことができる究極の革です。また、素材自体から発するオイルで、ケアしながらエイジングもできます。ワイルドな風合いでありながら、肌触りが良くてハリがあり、銀面の透明感と温かみを兼ね備えています。さらに、シュリンク加工による表面のシボは、部位の革質差により入り具合や有無が全く異なり、自然な風合いを醸し出しています。

Material

イタリア・トスカーナ地方で作られる最高級タンニン鞣し革で、革らしい素朴な風合いと復元力が魅力の「Buttero(ブッテーロ)」。

イタリアのトスカーナ州フィレンツェにある老舗タンナー・ワルビエ社の伝統的な技法により、じっくり時間をかけてこだわりを持って作られた、ヌメ革の最高級革「ブッテーロ」。化学系薬品等の顔料を一切使わず、自然な風合いを重視した製法で作られた、堅牢なイタリアンレザーです。血筋の痕跡や放牧時に付くキズなど革質が自然に表現され、かつて血が通っていた生き物であることを色濃く感じられるのが特長です。また、鞣し時にしっかりと時間をかけて加脂を施すことで深さが増し、繊維密度が高くコシが強くなり、革自体に復元力を備えるようになります。しっかりとした手触りと新鮮なツヤ感が魅力で、使い込むほどに革本来の味が増す、育てがいのある素材です。

BALZO(バルゾ)

スマートに、飛躍する人生を。

約70年にわたり鞄を作り続け、信頼と実績を誇るバッグメーカーが、
自社で企画も製造もできる、業界内でも珍しい工房一貫型にこだわることで、
スマートな高品質を届けている、ファクトリーブランド『BALZO(バルゾ)』。
身なりにこだわる人たちや、モノの価値が分かる人たちへ向けて、
長年培ってきたノウハウと、スタイリッシュなデザインを融合。
「飛躍する人生を共に」をコンセプトに、流行に流され過ぎない洗練さと、
長く持ち続けていられるハイクオリティを、これからも生み出していく。
gototop