{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
ダービー 名刺入れ “Saya” by BRUSH(ブラッシュ)
ダービー 名刺入れ “Saya” by BRUSH(ブラッシュ)
ダービー 名刺入れ “Saya” by BRUSH(ブラッシュ)
  • NEW
商品番号 BR_SAYA_DE_01

ダービー 名刺入れ “Saya”

¥ 19,800 税込
獲得ポイント: 1,800 ポイント (円相当) ※会員のみ
  • About
  • スペック
  • 注意事項

ビジネスシーンを引き立てる、スタイリッシュな名刺入れ。

刀の鞘をイメージした設計で、シャープな笹マチのシルエットや、直線的なポケット群のカットライン、スリムさ・タフさを併せ持つ構造が特長的な、名刺入れ“Saya”。マットな型押しの表情が美しく、ヨーロッパの有名老舗メゾンでも使われている「ダービー」を採用し、外装・内装それぞれで色をセレクトできるので、自分の好みで統一カラーにもバイカラーにも仕立てられるのも魅力。軽くて小キズ・水分に強く、キレイな状態で長く使い続けられる愛着感も。裏地までレザーで仕立てたフルレザー仕様の高級感と、職人技で細部まで丁寧さを注ぎ込んだクラフト感が、ビジネスシーンを引き立てながら、大人のスタイリッシュさを演出してくれる。

サイズ 幅117 × 高さ79 × 厚さ15(mm)
素材 ダービー・アース社(フランス)
縫製 手縫い(外装)
※内装・裏地はミシンを使用
※糸色は内装の革色と同系色
仕様 マチ付きカードポケット × 1、カードポケット × 3、カードホルダー × 1
生産 日本製 / 長谷川 青矢(受注生産)
  • ■ ご理解いただいた上で、ご注文をお願いいたします。
  • - 天然革ならではのシワ・トラ、キズ・古傷痕のような黒点模様、シボの付き具合など、個体や部位によって異なる革特有のものですので、唯一無二の魅力として堪能してください。
  • - 染色や加工を施している商品のため、摩擦や水ぬれ、長時間の接触などによって、色落ち・色移りしますので、あらかじめご了承ください。
  • - 水に濡れると、色落ち・シミ・形崩れの原因になることがございます。
  • - 商品の画像は、できるだけ商品に近いカラーで掲載をしていますが、お客さまの閲覧環境により、実際の色味とは多少異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • - サイズ・重さは、実際に計測した数値になりますが、素材等の個体差によりサイズのばらつきが若干ありますので、あくまでも目安として捉えてください。
  • - 価格・仕様等については、予告なく変更する場合がございます。
納期について:ご注文後からの製作となりますので、発送までに2ヶ月~2ヶ月半程度お時間をいただいております。
ダービー 名刺入れ “Saya”
Design Detail

刀の鞘をイメージした設計で、バイカラーも楽しめるオーダー。

笹マチ付きカードポケット1つ・カードポケット3つ・アオリポケット(カードホルダー)1つを備えて、最多20枚ほどの名刺を収納でき、仕分けしやすい工夫が施されたカットラインなどによる、刀の鞘をイメージした設計。カラーオーダーにも対応し、外装・内装の「ダービー」は、それぞれ4色からセレクトでき、同じカラーにすることも異なるバイカラーにすることも可能です。また、ブランドロゴ刻印は、Silver・Goldいずれかの箔押しを選ぶことができ、糸色は内装カラーと同系色で統一。さらに、基本的に見える部分を手縫いにして、裏地・内装の見えない部分をミシン縫いにする適材適所の丁寧な縫製や、磨き込まれた美しいコバなど、細部にまで凝縮されたクラフトマンシップが魅力になっています。

How to use
Material

マットな型押しの表情が美しい、クローム鞣し牛革「Derby(ダービー)」。

1842年にフランス・アルザス地方で創業した、老舗タンナー・アース社製の「ダービー」。家族経営時代からの伝統を守りつつ、現在では傘下になった大資本から提供される最新技術を駆使して、最高峰の高級皮革を作り出しています。オスの仔牛の原皮を使用している「ダービー」は、細かい型押し加工を施したスタンプレザー(型押し革)で、軽量で小キズ・水分に強いのも特長。マットな表情が美しく、ヨーロッパの有名老舗メゾンでも採用されています。

※ルークス社製の「ネイチャーカーフ」も同じ商品(ダービー)としてお取り扱いしております。

BRUSH(ブラッシュ)

長い人生に、寄り添う相棒を。

革製品の修理に携わっていた、革職人・長谷川青矢が、
もっと素材と仕立てにこだわった、上質な革製品が欲しいという想いから、
2018年に立ち上げた、自らのブランド『BRUSH(ブラッシュ)』。
自分でも使いたくなるような、本当におすすめしたい素材を厳選し、
元・修理屋としてのノウハウを生かして、手間暇を掛けることで、
丈夫にして美しい、量産品では味わえない上質な革小物へ。
そして、経年変化を楽しみながら、たくさんの思い出を宿していき、
唯一無二の相棒として、長い人生に寄り添ってもらうために。
gototop