{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
ブライドル ベル型キーケース by otohaci(オトハチ)
ブライドル ベル型キーケース by otohaci(オトハチ)
ブライドル ベル型キーケース by otohaci(オトハチ)
商品番号 OH_CKC_BD_01

ブライドル ベル型キーケース

¥ 24,200 税込
獲得ポイント: 220 ポイント (円相当) ※会員のみ
  • About
  • スペック
  • 注意事項

幸福感のある、独創的なフォルム。ワイルドさに満ちた、大人の美学を。

持つ歓びと使う楽しさを感じられる作品を、職人歴20年の上村崇司が、すべての手作業に想いを込めて届けている『otohaci』のベル型キーケース。“お守り”のように幸せを呼び込むような意味合いがある、ベル型のフォルムが、ラッキーな普段使いのアイテムとしても、大切な人へのプレゼントとしても最適。イギリスの老舗タンナーによる長き歴史が凝縮した、極上の「ブライドル」が、象徴的なブルームから魅惑的なツヤへと経年変化する、至極の味わいとともに、高級感と重厚感に満ちたワイルドさで、大人の美学を醸し出させてくれる。

サイズ 幅80 × 高さ112 × 厚さ16(mm)
素材 ブライドル・トーマス・ウェア&サンズ社(イギリス)
縫製 手縫い
仕様 フック(レバーナスカン) × 4
生産 日本製 / 上村 崇司(受注生産)
  • ■ ご理解いただいた上で、ご注文をお願いいたします。
  • - 天然革ならではのシワ・トラ、キズ・古傷痕のような黒点模様、シボの付き具合など、個体や部位によって異なる革特有のものですので、唯一無二の魅力として堪能してください。
  • - 染色や加工を施している商品のため、摩擦や水ぬれ、長時間の接触などによって、色落ち・色移りしますので、あらかじめご了承ください。
  • - 水に濡れると、色落ち・シミ・形崩れの原因になることがございます。
  • - 商品の画像は、できるだけ商品に近いカラーで掲載をしていますが、お客さまの閲覧環境により、実際の色味とは多少異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • - サイズ・重さは、実際に計測した数値になりますが、素材等の個体差によりサイズのばらつきが若干ありますので、あくまでも目安として捉えてください。
  • - 価格・仕様等については、予告なく変更する場合がございます。
納期について:ご注文後からの製作となりますので、発送までに1〜2ヶ月程度お時間をいただいております。
ブライドル ベル型キーケース
Design Detail

ベル型と剣先のデザインに込められた、スマートな機能美。

ベル型デザインのボディは、ナスカンタイプの日本製キーフック4つに装着した鍵を余裕で収納でき、しっかり挟んでホールドできるように適度なマチを設けている設計。キーフックと繋がっているベルトを引っ張ってホックで留めることで、ボディ内に鍵を収納する構造になっています。また、鍵を出すときには、ホックを外してボディの両サイドを握って少し膨らませると、鍵が擦り抜けて落ちてくるシンプルな仕様で、ベルトを押し込んで鍵を出す方法もOK。ベルトエンドは剣先タイプを採用し、デザイン性とともにベルトの抜け落ちを防止するストッパーとしての役目も備えています。

ブライドル ベル型キーケース

さりげない洒落感も味わえる、クールなカラーオーダー。

強度・耐久性を兼ね備え、非常にハリ・コシがある外装の「ブライドル」は、ブルームからツヤへの経年変化が美しい7色からセレクトすることが可能。内装には、上質な「ヤギ革」を採用し、「ブライドル」を引き立てるため、コバ色とともにブラックで統一するとともに、糸色は外装と同系色で高級感を演出します。ホックは、好みに合わせてSilver・Goldのいずれかから選ぶことが可能。さらに、そのホックを外すと現れる、ベルトで隠されていたボディのロゴも、同じメタルカラーで刻印される仕様で、さりげない洒落感も味わうことができます。

ブライドル ベル型キーケース
Making

末長く愛用し続けられる、熟練職人による匠の職人魂。

『otohaci』の熟練職人・上村崇司が、断裁・漉き・縫製(総手縫い)・コバ磨き(切れ目磨き・蜜蝋仕上げ)などのすべての工程を、ひとりの手仕事にて製作。これにより、分業や機械仕立てなどでは醸し出せない、手作業ならではの味わい・上質感・気品・クオリティへと昇華させています。また、ブランドとして良質な素材にもこだわり抜き、裏革に国産鞣しのヤギ革「ゴート」を採用することで、耐久性とともに細部への高級感も追求。このように、素材の美しさを生かすことで、人生に末長く寄り添って愛用してもらえる作品を生み出し続けています。

How to use
Material

イギリスの老舗タンナーが、手間と時間を存分に注ぎ込んだ、植物タンニン鞣しレザー「Bridle(ブライドル)」。

イギリス・ブリストルで1840年に創業した、歴史ある老舗タンナー・トーマスウェア&サンズ社の「ブライドル」。広大な工場内には、400以上のピット層を誇り、伝統の製法を守りながら手間や時間を惜しまずに仕上げられた植物タンニン鞣しレザーは、世界中でさまざまな用途に使われています。馬具用の革を意味する「ブライドル」は、ピット槽で植物タンニン鞣しされた線維が緻密で、厚くて丈夫な革になり、さらに最終工程で蜜蝋・タ蝋・植物性油などのワックスを塗り込むことで強度・耐久性・撥水性も兼ね備えた、非常にハリ・コシのある素材へと仕上げられます。また、職人の手作業で1枚ずつ表と裏にワックスを塗り込み、10週間以上かけて蝋分を革に染み込ませているなど、とても手間をかけることにより、染み込んだ蝋分がさらなる堅牢さをもたらすとともに、表面の蝋分がコーティングの役割も果たして撥水効果も両立。 革の表面にある白い粉“ブルーム”は、革に塗り込まれた蜜蝋・タ蝋・植物性油などの蝋分が表面で固まった「ブライドル」の象徴として知られ、使い込むほどに摩擦でブルームがなくなっていき、革の油分・蝋分によってツヤ感が生まれていきます。

※個体によって“ブルーム”の出方に差があり、商品によっては“ブルーム”が余り残ってない場合もございます。

otohaci(オトハチ)

良質な素材を、上質な手作業で。

こだわり抜いた良質の素材を、職人歴20年の上村崇司がひとりで、
すべての工程を手作業にて仕立てているブランド『otohaci(オトハチ)』。
太古から人類の生活と密接に関わってきている革を用いて、
現代の人々の生活のなかへ、持つ歓びと使う楽しさを感じられる作品を届ける。
そんな想いを、総手縫いの一目一目や、すべての手作業に込め、
末長く人生に寄り添える愛用品を作り続けていく。
gototop