{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

Baby Calf Long Wallet No.9

ベビーカーフ 長財布(No.9) by ASUMEDERU(アスメデル)
ベビーカーフ 長財布(No.9) by ASUMEDERU(アスメデル)

シンプルにして、スタイリッシュ。
軽さと薄さを極めた、新スタイルを。

財布の常識を変えていくために、自由で独創的なアイデアを実践している革製品ブランド
『ASUMEDERU』の長財布(No.9)。“キングオブレザー”のなかでも希少な最高級「ベビーカーフ」のみで
仕立てている上質感と、カブセを排した剥き出しのシンプルで斬新な設計が、
新たな長財布のスタイルを創造。潔いデザインによるスタイリッシュさが、
ユニセックスな5カラーとともに、これからのユーザービリティを予感させてくれる。
ベビーカーフ 長財布(No.9)
Design Detail

カブセを排した、剥き出しの美学。

「ベビーカーフ」の滑らかな質感・しなりが感じられるように、不要な縫製を施さずに札入れ・カードポケットを実現。一般的な長財布が備えているカブセがなくても、安心して手軽に使える利便性を追求しています。カードの使用を前提に、指通りの良いカットラインにするなど、使いやすさとデザイン性を兼ね備えたシンプルな設計。また、札入れポケットには、紙幣だけでなくレシート・領収書なども収納できます。

ベビーカーフ 長財布(No.9)

素材配置による、立体感と実用性。

縫製で厚くしない工夫から、裏地も用いずに「ベビーカーフ」の床面を効果的に活用。ツヤのある銀面とスエード調の床面は、色彩に立体感を与えるデザイン性とともに、カードや紙幣などが滑り落ちにくい実用性も兼ね備えています。

Material

仔牛が原皮の高級皮革に、バーニッシュ仕上げした「Baby Calf(ベビーカーフ)」。

斜塔で有名なイタリア・トスカーナ州ピサにあり、上質なカーフで知られている名門タンナー・インカス社の「ベビーカーフ」。生後3ヶ月以内の仔牛を原皮としているので、1頭あたり約70〜90デシメートルしか取ることができない希少な皮革で、床面のきめ細かさが特長です。伝統のベジタブルタンニン鞣しと、コガシと呼ばれるバーニッシュ仕上げにより、美しい光沢があるツヤやかな表面と、しっとりとしなやかで柔らかい質感が魅力。天然素材ならではの血スジやトラ模様があり、均一に塗り固められていない色味のムラ感と透明感も漂わせています。ヨーロッパの高級メゾンの靴素材として長年選ばれ続けているカーフレザーで、使い込むことと次第に立体感が現れ、この革が本来備えている独特の美しさを醸成。さらに、クリームなどで定期的に磨くことで、自分好みのツヤ感に仕上げることができます。

  • 商品詳細
  • 製品ガイド
サイズ 幅190 × 高さ87 × 厚さ4(mm)
重さ 44g
素材 パルマ・ベビーカーフ(コガシ:バーニッシュ仕上げ) / イタリア インカス社製
仕様 札入れ × 1、カードポケット × 4、フリーポケット × 1
生産 日本製
納期 発送までに5日~10日程度お時間をいただいております。
  • ■ ご理解いただいた上で、ご注文をお願いいたします。
  • - シワ・トラ、キズ・古傷痕のような黒点模様・シボの付き具合など、天然の表情は、個体や部位によって異なる一枚一枚の革固有のものです。唯一無二としてご愛用いただければ幸いです。
  • - 染色や加工を施した商品のため、摩擦や水ぬれ、長時間の接触などによって色落ち・色移りします。
  • - 水に濡れると色落ちやシミ、形崩れの原因になることがございます。
  • - 価格・仕様等については、予告なく変更する場合がございます。
  • - お客様の閲覧環境によって、実際の色味とは多少異なることがあります。

ベビーカーフ 長財布(No.9)

商品番号 AS-No9_breast
¥ 41,800 税込
Color

在庫がございます。

残りわずかです。

ただいま在庫がございません。

ASUMEDERU(アスメデル)

楽しく楽に使える、飽くなき挑戦を。

技術と感性を注ぎ込みながら試行錯誤を重ね、40年以上も財布を作り続けている
革製品ブランド『ASUMEDERU(アスメデル)』。「今日摘まれても、明日また芽が出る」
と言われる明日葉に由来するブランド名には、たとえ摘まれるように失敗しても、
また芽が出るように挑戦し続けるという想いが込められている。
「楽しさ」「楽さ」をコンセプトに、伝統を守りながらも、
自由で独創的なアイデアを実践し、財布をはじめとする革製品の常識を変えていくために。
gototop